不登校になってしまう要因としては、次っぽいことが考えられるでしょう。 ・いじめ ・プライドの高さ ・思春期(女の子は7歳から11歳くらい、男の子は9歳から13歳くらいであるとされています)特有の心の不安定さ ・友達関係 ・1人遊び 不登校(本来通うべき学校に登校しない状態をいいます)の理由として最も注目されるのが、いじめです。 いじめが原因で学校に行きたくないという子はとても多いですし、まだ不登校にはなっていないものの、親が知らないのみで本当は苦しんでいる子も多くいます。 それに、プライドが高くて、「テストで良い点が取れなかった」と自分を許せなかったり、「自分はこの環境にふさわしくない」などと思ってしまう子は、不登校になりやすいです。 また、思春期になったら心が不安定になり、漠然とした不安が押し寄せます。 その不安が原因で、不登校になってしまうケースも珍しくありません。 それから、友達関係が上手くいかないと学校に楽しみを見出す事が出来ず、行くのが嫌になってしまいます。 その結果、自宅にて一人で遊べるインターネットやテレビゲームに夢中になり、不登校(学校にスクールカウンセラーを在籍させたり、保健室登校を認めたりするなどの対策をとっている学校もあります)になるといったことも少なくありません。 このように、不登校になる理由はそれぞれ異なるので、まずは何が原因なのかを知ることが大切でしょうー